2017-10

言語を失った男の日記 - 2017.10.17 Tue

◆以下に記載するのは、享楽的な生活に溺れ言語能力(語彙力・文章構成能力)を失ってしまった男、D.E.が遺した日記の一部である。なお文章は知性をまったく感じさせず、感嘆詞めいた謎の語句のみで構成されているため、読者の理解を助けるよう意訳および参考文献を付記してある。





9月23日

カープ優勝記念撮影

ウェーイ!

カプカプ、フウェーーイ!!


意訳:広島カープのセ・リーグ優勝を祝して記念撮影会を行った
   特に応援する球団は無いのだが、ノリで鳥人間になって参加した
参照:ソシュール『申し訳ない』(



9月30日

早坂家の食卓

グヘヘ、ヴィナス! グヘヘヘ……

意訳:商館代わりの紫さん家で深夜までお喋りしていた
   紫さんに裸婦画を贈ったところ大喜びで飾ってくれた
参照:VANITY-ROUGE『アストライオスの航海者』(



10月1日

ゲーム画面の初期化に失敗しました

ヌウォオイ、ナンデヤ!

ムラハチブ、ヒドイヤ!ヽ(メ`皿´)ノ


意訳:なぜかダニエドのキャラだけログイン直後に必ず落ちるエラーに襲われる
   クライアント再DLで治ったが、約束のBCには遅刻してしまった

商会合同・初BC

エイ、エイ、オーッ!

意訳:戦姫、フライング・サーカスをはじめ7商会合同でBCを楽しんだ
   FCメンバーがやたら結集し、大挙してE鯖へ押しかける格好になった

いじめ

グヘヘ、オシオキィ! グヘヘヘ……

意訳:BC終了後、女性陣から理不尽な集団いじめを受ける
   まんざらでもない心地なのはここだけの秘密である
参照:ソシュール『申し訳ない』(



10月3日

コーヒーハウス移転

ロイヤルイングリッシュブレックファーストティーラテ~

意訳:ロンドン・コーヒーハウスを旧校舎に続く道のベンチへ移転した
   「大通りのスタバより路地裏の喫茶店を」というマクダウェルさんの助言に基づいている



10月6日

フライングサーカス物販部

ヨッテラッシャイミテラッシャイ!

意訳:FCメンバーと連れ立ってE鯖アムスバザーへ
   出店が少なかったのでFC物販部を急設したら思いのほか繁盛した
参照:VANITY-ROUGE『アストライオスの航海者』(



10月7日

頭部のインパクトがすごい

プリティエイリアン☆マドラデ~ス♪

意訳:「マドラさんの痛いコーデ勝手に考えちゃおう大会」に参加した
   自分が考案した『魔女の宅急便』のキキコーデが割と好評で満足

ヤバい人との距離感

クケェェェエエエ!!!

意訳:広場に現れた“ヤバい人”を遠巻きに眺める一般市民の図
   ロンドン噴水前界隈の皆さんにご迷惑かけて申し訳ない
参照:ソシュール『申し訳ない』(



10月8日

三剣士

ムッキッムッキサ~ン♪

オーレモナルンダムキムキ~♪


意訳:コロラド高原にてルージュさん&ラウさんとテク上げに勤しんだ
   ノウハウ解らず補充速度も遅く、二人の足を引っ張ってしまった
参照:VANITY-ROUGE『アストライオスの航海者』(



10月11日

戦艦ロタティオン①

ッフォーーー!!! ハエーーー!!!

アア、カッケェ……


意訳:ソシュールさんに高速スーパーフリゲートを造っていただいた
   青い空と海に映える船体、さわやかな帆の連なりに見とれて航海に集中できない

戦艦ロタティオン②

ウゥゥ……(´;ω;`)

カタジケネェ、カタジケネェ……!


意訳:並々ならぬ想いと物語が秘められた船に乗るということ、実に感慨深い
   さらに物語を紡いでいけるよう大事に乗りたいと切に思う
参照:ソシュール『申し訳ない』(

東アジアwith葵①

ウテーッ! ドカーン!

ニゲローッ! スタコラサッサ~


意訳:新たな船に乗り、葵さんと東アジアで海域戦闘に励んだ
   途中、葵さんが襲った商人が軍艦に乗り換え報復に来たのは刺激的だった

東アジアwith葵②

ヌオォッ!? ビックリシタァ……

意訳:与一、鏑を取ってつがい、よっ引いてひょうど放つ
   いきなり甲板戦かましてくる葵さんはいずれ大物海賊になる予感がしてならない

海軍大佐拝命

ナンドデモヨミガエルサ!

意訳:王立艦隊の功績が高まり、海軍大佐の位を拝命した
   あとひとつでサセックスと同じ伯爵(海軍少将)に並ぶ



10月12日

Mrポテトヘッド=ダニエド説

カンシャエイエンニ……!

意訳:生物学者のエルモサ・マール女史が《ダニエド=Mr.ポテトヘッド説》を提唱した
   我ながらかなり有力な説ではと思う





◆日記はここで終わっている。どうやら彼は東アジア海域で消息を絶ったようだ。享楽的な生活に溺れ言語能力を失ってしまった男、D.E.の醜態はわれわれに思惟と言葉の大切さを思い出させてくれる。さらなる情報が入り次第ここで報告することにしよう。





スポンサーサイト

Life During Wartime - 2017.10.07 Sat

好きな言葉は「船長、傷んでたんで、修復しときやした」。
どうもダニエドです。

船長、傷んでたんで、修復しときやした

フライング・サーカスの新規加入者の中には「ソさんやダニエドさんのブログ読んで入りましたァ」なんて奇特な方もおられまして、とてもありがたい事でございます。

自分のブログが何かしら影響を及ぼしているというのはそりゃあ嬉しいもので、古代ローマの有名な警句に“チラシの裏にでも書いてろ”というのがございますが、チラ裏では我々は満足できないわけであります。
リアクションがやはり欲しい。

そのような次第でルージュさんに私のブログ評を求めましたところ、「記事が少なすぎる」というこの上ないほど簡潔かつ的確な評価をいただきまして、過去のSSを引っ張り出しつつ今日も非知的生産に取り組んでいこうと思います。

「記事が少なすぎる」



ここしばらくのあいだ、おべべとおふざけ以外に何をしていたかといいますと、我が海事課程教官・リミックス先生による指導のもと海事上げに励んでおりました。

復帰1年目にしてようやくその気になった理由は、近ごろフライング・サーカスも軍事色が強くなってきており、なよなよした文化系代表の私も肩身が狭くなってきたからに他なりません。

回避スキルランクが15にアップ!

カリブ海での回避スキル上げはリミ先生いわく「後半飽きる」そうですが、敵から集中砲火をまともに喰らったことのないダニエドは終始、緊張しっぱなしでした。
回避R15達成後は海域戦闘にシフトし、レベル上げもかねつつ砲撃系スキルの練成を目指します。

そうこうしていると公式ランキングにダニエドの名前が載っておりました。
マイナーな項目だし大した順位じゃないしで他のひとなら自慢するのもはばかられるのでしょうけど、ランキング入りは久々のことでしたので素直に嬉しかったです。

戦闘名声獲得ランキング

紫さんはさらに上位に名を連ねていました。
さすが頼れる姐御といったところでしょうか。

このとき乗っていた船はソ製・戦闘用ティークリッパー。
外連味のある愛いヤツです。
つい最近は新たに機動型ロイヤルフリゲートを造っていただいたので、場所をインド沖から東アジアへ移してしこしこ大砲ぶっ放しております。(参照:ソさんのブログ



さて、多少は力も付いてきただろうということで初めて大海戦に参加しました。
9/15~9/17のカルヴィ攻略戦がダニエドの記念すべき初陣です。

1日目はソさんや紫さんとNPC狩り……のはずが、(ノ∀`)アチャー

初!大海戦支援バザー

急用ができたため早くも中盤戦で途中抜け。
当時フライング・サーカスに入会して間もなかったAJURAさん(Juraさん)やルージュさんたちと一緒に支援バザーを展開しました。

ついでに魂の抜けているヴェネツィア皇帝へ貢ぎ物をささげておきます。

カンツ様への上納品



3日目はリミ先生のお誘いにより、ボン・アミーゴ商会の面々に混ざってフル参戦できました。

色々とヘマやらかしましたが、終わりよければ全てよし。
記念撮影でひとかどの提督っぽく写れたのでOKです。

グラシアス!アミーゴ商会

「神明はただ平素の鍛錬につとめ戦わずして既に勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に、一勝に満足し治平に安んずる者よりただちにこれを奪う。古人いわく勝って兜の緒を締めよと」

東郷元帥も言うとおり、大海戦のない平時においても向上心と警戒心を絶やしてはなりません。
というわけでエルモさんのボディーガードであるアルマ・セネロ君とともにアフロ近衛師団へ加わり、王宮警護の任に当たることに。(参照:エルモさんのブログ

ゴールデンブラザー①

この黄金に輝くフォーメーションを刮目せよ!
アフロが王宮侵犯の抑止力として機能しているのが一目瞭然でしょう。

ゴールデンブラザー②

ロンドン市街のパトロールも任務のひとつ。
思いっきり聞こえるところで誹謗中傷が行われていますが、我々のゴールデンハートは揺らぎません。

ゴールデンブラザー③

愛される衛兵を目指そうと、おそろいで《ウサギ耳のトップハット》をかぶってみました。
……NAMI姐さん、ちょっとヒドくないですか(´;ω;`)

ゴールデンブラザー④

結局、アフロに戻りました。
鬼に金棒、駆け馬にムチ、野郎にアフロ。

決してキモさを100分の1に抑えるためではありません……決して。





【今日の一枚】

大海賊誕生の瞬間

葵桜葵あらためAoi.edさんが海賊になる劇的瞬間。
のちに彼女が七つの海で畏れられる大海賊になることをまだ誰も知らなかった……





未知との遭遇 - 2017.08.29 Tue


よう‐かい【妖怪】人知では解明できない奇怪な現象または異様な物体。[広辞苑 第六版]




すこしずつ涼しくなってきた。
夏の終わり、というやつだろうか。

ひと月ばかり前にはあれほど殺人兵器のように感じられた夏の暑さも、ちょうどけさ北朝鮮から発射されたらしい中距離弾道ミサイルのごとく日本列島を通過していった。
とはいえ、またいつやって来るとも分からない。
武器兵器は階級移動の可能性をつねに孕むし、日本の9月は暑い。

晩夏の夕暮れ、遠くでヒグラシがものかなしげに鳴いている。
ひと夏のうちに過ぎ去った多くのものをひとつずつ思い浮かべては早くも懐かしむ。

夏の思い出1_セビオク強盗団

夏の思い出2_ダニエロめも喜んでおります

夏の思い出3_筆おろしbyリミさん

夏の思い出4_ゲリラ集合写真

夏の思い出5_「意識が戻った時には既に拷問官は去っていた」の図

そのほとんどはいずれ忘れられることを運命づけられた記憶だが、これだけはどうしても書き留めておきたいという出来事があり、こうやって久しぶりにブログを書いている。

あの事件のあらましを書き記すべきかどうか少しだけ悩んだ。
事件に接した当初はとても興味深くスクリーンショットもいくつか撮ったのだが、あとで畏れなのか何なのか、「未知と遭遇した体験を安易に広めてはいけないのでは」という考えが湧いてきたのだ。
でもこんなブログを読む人なんて限られているし、今さら口外したところで罰は当たらないだろう。


お盆のある夜中、リスボン広場を賑わせる珍奇な事件があった。
賑わせるといっても、単にそれは僕を含む幾人かの心がざわついたに過ぎなかったのかもしれない。

希望屋(E)>みんなー 変な人が化けて出てる!
希望屋(E)>広場だから

shoutにつられて広場へ向かうと......

閉店のお知らせ - 2017.07.10 Mon

お客様各位

いつも100KカットA鯖ロンドン本店をご利用いただきありがとうございます。
突然ではございますが、当店は7月9日(日)をもちまして閉店いたしました。



DOL理容業界に衝撃を与えたあの革命宣言から1週間と3日ばかり。
「庶民の味方」と喝采を浴び、経営が軌道に乗り始めた矢先、
あの恐ろしい怪物の襲来を受けたのでございます。

商会管理局員(当店の理容師)から知らせを受けたのは今朝がたの事でした。

閉店ガラガラー

408もの頭を持つ人間が一体どこにいるというのでしょう?
商会管理局員(当店の理容師)は気が動転していて何も語りませんが、

「8つ頭の怪物ヤマタノオロチが51匹の群れで来店した」

一夜にして408個が売り切れたのですから、そうとしか考えられません。
今ごろ彼らはサッパリした頭で、ドーバー海峡を悠々渡っていることでしょう。

408頭

私たちとしましては、このまま強大な力を前に引き下がれません。
再開店を目指して今一度、研鑽を積んで参る所存です。

短い間でしたが、ご愛顧いただき誠にありがとうございました。

店長
ダニエル・エドワーズ




これでよし、っと。
さーて、整髪用具を少しずつ集めていかなきゃな。

???「ねえ、ちょっと」

え?

知らんおばちゃんstage1
知らんおばちゃん「開店したとき整髪用具410個スタートでしょ?」

うん。てかアンタ誰?

知らんおばちゃん「ということはその間2個しか売れてなかったんじゃないの?」

余計なお世話です(笑) それじゃ先急ぐんで。

知らんおばちゃん「革命宣言なんて大それたこと言って、実際喜んだのは転売屋だったってオチでしょ?」

うるさい。ついて来るな。

知らんおばちゃん「真顔でヤマタノナントカって……この暑さで頭イカれたんじゃないの?」

ウォォォォォォオオオオオオーーーッ!!!
うるせえっつってんだろ!!!

知らんおばちゃん「キャーッ! ちょっと何なのよ!」

そんなことより夏だ、俺を見ろ!!!
見ろーーーッ!!!
夏だ、目をそらすな、刮目せぇぇええい!!!

知らんおばちゃん「発狂した、発狂した! このひと発狂した!!!」

俺の! 自慢の! コレクション・ショーでござあああい!!!
まずはこの夏いちばん熱くてホットな衣装だッ!!!


ランツクネヒト

ハァ~ン、なんってカッコイイんだ……!
頭から、

・オスマントルコ海軍官帽
・ランツクネヒトの服(ガナドール)
・シルクの手袋(地図)
・バビロニア兵士のブーツ(自宅生産)


律儀にアイテム名ぜんぶ書いてやったがヨォ!
こんなスタイリッシュでトレンディでアバンギャルドな着こなし、見たことねえよ!!!
あのキャンディケインとかいう効果あんのか分らんオメデタげな装備にも、
この通り! バッチシ合うんだ!!!

……何? まんまクリスマスカラーじゃん、だって?

夏だっつってんだろ!!!
アッツいアッツい、夏だっつってんだろーッ!!!

ブッシュ・ド・ノエルじゃねえ! ガリガリ君だろおお!!!???

ガリガリガツガツ、ガリガリガツガツ……
っかぁ~ッ!!! ガリガリ君うんめぇぇええッ!!!

知らんおばちゃんstage2
知らんおばちゃん「なんて……素敵なの……」



お次はこれだ!!!

ソ製ティークリッパー

そうだ、船だ!!!

でもただの船じゃねえ……!
現代を代表する前衛造船アーティスト、ソシュール姐さんの作品だ!!!

……ソシュール姐さん? ソシュール姐さん??
ソシュール姐さぁぁぁあああん!!!???

ソ製ティークリッパー、処女航海

フォ、フォォォオオオーーーッ!!!

速いッ! 速すぎるよッ!!!
これじゃ秋葉原からつくばまで45分で着いちゃうよ!?

やくざな俺ぁ「ティー」クリッパー乗って!
ラム酒! コーヒー! 濃いカルピス!!!

なんでも運んじゃうヨォーーーッ!!!

知らんおばちゃんstage3
知らんおばちゃん「連れてって!!! 私をエルドラードへ連れ去ってぇぇぇえええ!!!」



ああ、リビドー……






このやり取りにオチはない。
意味もなければオチもないやり取りを、自分は目撃してしまったと商会管理局員は思った。
ロンドン商会管理局前は夏の日ざかりの日を浴びて狂乱と化している。

<完>




年始の辞、およびブログを書くことについて - 2017.01.06 Fri

新年、明けましておめでとうございます。
ロンドン・コーヒーハウスのオーナー、ダニエル・エドワーズでございます。

賀正2017

皆さまには平素よりご愛顧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

年が明け、正月三が日もすでに過日となりましたが、
未だ“原稿”なる去年の師走の亡霊に取り憑かれている私は、
その現実逃避を、否、逃避という名の過去への前進を目論見、
久方ぶりにブログ管理ページを開きました次第でございます。

つきましては過去への勇進のさなか産声を上げた奇跡のスーパー戦隊が、
2016年を代表する装備に身をまとい、皆さまに謹んで慶祝と壮行の旋律を奏でます。

新装備戦隊2017

私が復帰したのは8月末ですので、
あくまでもそれ以降で「2016年を代表する装備」ということになりますが。
新しい装備の名前は左から順に、

アルザス民族服♂(体装備) 鉱石取引[+1]
チャレンジミッション ~Thanksgiving~」報酬
(2016年11月15日 ~ 12月6日)

ポルトガル海兵隊服(体装備) 突撃[+1]、砲術[+1]
歴史スペクタクルイベント トラファルガー海戦」報酬
(2016年10月4日 ~ 10月18日)

キャプテンハット(頭装備) 装備効果:成長促進
Yahoo!ゲーム版 初回半額キャンペーン」特典
(2016年9月27日 ~ 11月30日)

フラワーハット(頭装備) 社交[+2]、美術[+2]、財宝鑑定[+1]
90日間プレイチケット」特典
(2016年12月13日 ~ 2017年3月7日)

レーダーホーゼン(体装備) 管理技術[+1]、食料品取引[+1]
チャレンジミッション ~Thanksgiving~」報酬
(2016年11月15日 ~ 12月6日)

微妙な角度のせいでフラワーハットの肝心な花飾りが見えていないのはご愛敬。
海兵隊服をポルトガル色にしたからといって私を“非国民”となじるのはご勘弁。



しかし今年からは、新しい服を皆でそろって着て、
なんて戯れもこれまでのようには儘ならなくなるのでしょうか。
去年の暮れあたりにその兆しをひっそりとのぞかせた収益構造上のひとつの変革
この変革については多くの方々が批判なさったり、あるいは是認しておられました。

自分にかえって考えてみますと、
束縛のなかで悶えつつ遊びを見出すこと、それ自体に愉しみ悦びを覚える性分ですから、
これまでと変わらずミニマムにやっていくんだろうと思います。

そんな持たざる者にも捨てる神あれば拾う神あり。
ちょうど新年を迎えたリスボンを散策しております時、
レジェンドロットから出る黒い「英国探偵のコート」
「英国探偵の帽子」を合計150Mほどで売っている御仁がおられたので、
雷光のごとき速さで購入させていただきました。
まことに幸運なことでございます。

鹿撃ち

オリジナルの英国探偵装備にあったコミカルな探偵っぽさは薄れて(過去記事参照)、
「鹿撃ち帽」の名の通り、まさしく上流階級の狩猟用装束といった趣きです。

それにつけて思い出しますのは小さい時分に読んだ宮沢賢治の『注文の多い料理店』。
あれに出てくる猟銃をさげた2人の紳士もきっとこういう格好をしていたのでしょう。

ちなみに「狩猟」は英語で“hunting”ですが、
イギリスでは特に鹿狩りの場合は“stalking(ストーキング)”と呼ぶそうで、
これを着れば私もたちまちストーカーになれるというわけです。

ん? ストーカー? うっ......記憶が......。oO

デジャヴュ―幼女おっかけ
あちらこちら参照)

大商会設立の10周年という節目に、
それも記念イベントの直前に私も末席へ加えていただけました。
素敵なお仲間と共にお祝いすることができましたこと、これまた幸運の一語に尽きます。


「ブログを書くことについて」の文は長くなったのでたたみました。
親切な方、奇特な方はつづきから宜しくどうぞ。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ダニエル・エドワーズ

Author:ダニエル・エドワーズ
ワールド:Astraios
国籍:イングランド
爵位:海軍大佐
商会:フライング・サーカス
職業:コーヒー屋

ロンドンにて、淹れたての熱いコーヒーを一杯12Dで販売しております。一杯ずつ豆から挽きたてますので、出来上がりまでにお時間をいただく場合がございます。(使用銘柄:ブルーマウンテンNo.1)





このWebサイトに掲載している『大航海時代 Online』の著作物は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

序文にかえて (1)
商会設立にあたって (1)
人物名鑑 (3)
服飾のいろいろ (5)
祭り (2)
未分類 (5)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント