書斎

2016-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしさに包まれたなら - 2016.09.24 Sat

  小さい頃は神さまがいて

  不思議に夢をかなえてくれた

  やさしい気持で目覚めた朝は

  おとなになっても 奇蹟はおこるよ



『魔女の宅急便』でおなじみ、荒井由実さんの名曲です。
「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」。

近ごろは雑事に忙殺され、
朝、カーテンを開けると胸に飛び込んでくる不信感と虚無感。
やさしい気持で朝を迎えることなどなかった私でありますが、
そんな邪心に囚われた「おとな」にも奇蹟はおこりました。

リーネラ氏
ロンドンの名商会「英・東インド会社」の副会長でいらっしゃる、
リーネラ・ターネソルことさん。

あっ、すみません間違えました><
猫ことリーネラ・ターネソルさんです。

興奮のあまり、こんなふざけたアングルの2ショットしか撮れなかったのですが、
(明暗をいじって誤魔化してますが2ショットですらない)
それより私の頭に注目していただきたい。
......そうなんです!
前回の記事でちょこっと触れた「広縁フェルト帽(黒)」。
それを「バルト海でちょっと拾いすぎちゃった」とかで、リーネラさんからいただけたのです。
「ちょっとカレー作りすぎちゃったのでどうぞ」レベルじゃない慶事であります。

ありがたや、ありがたや。



なんだか「あたしの宝物紹介☆」みたいな内容ばかりですが、
それがもう少し続きます。↓ ご容赦ください。

スポンサーサイト

創世記 1章1-3節より - 2016.09.12 Mon

はじめに神は天地を創造された。

地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。

神は言われた。

スピア・ダナハン >>>ブログ拝見しました。よかったらこれも着てみてください^^

すると銀行に郵便物があった。


「日本の兜」大全 - 2016.09.07 Wed

DOLに存在する日本の兜は、
① 日本兜 系
② 変わり前立て
③ 一の谷兜
以上3種類のグラフィックがあります。

色見本を用意しましたので、伊達者たらんとする武士の皆様、つづきをご照覧ください。


リスボンにて - 2016.09.05 Mon

バザール

バザールを開きながら、こう考えた。



『大航海時代 Online』、やっぱりいいなあ。
何しろ、一度は離れた世界にこうして帰ってきてしまったんだから、いいに決まってる。
Cruz del Sur」のゆりかごから墓場までを見届けて去った後しばらく経ったが、やはり、あの広場の賑わいと酒場の音楽が懐かしくなってしまったんだな。
ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの」とは誰の詩だったっけ。
しかし、僕の場合はうたわずにのこのこ帰ってきた挙句、舞い上がったのか何なのか、こうやってブログまで立ち上げてしまったという始末だからみっともないね。

ただ、かつてのメインキャラが消えてたのには唖然としたねえ。
何でも、ワールド統合とかいう大粛清が行われたらしい。
ま、キャラ作成で遊びすぎた結果、4ワールドのスロット全てを埋めてたらこうなりますわな。
復帰時のログイン画面、初期装備で冒険家見習のハゲ&デブ男がつぶらな瞳でこちらを見つめている様には、さすがに吹き出したよ。おまえ、メインを差し置いて何ハゲ散らかしてるんだと。
でも、まあメインと言っても、最大ランクのスキルは【口説き】だけだったんで、真っ当に育成に励んでいた方々に比べたら、受けたダメージはかなり少なかったんだろう。

以前のプレイスタイルだと欧州圏内だけで満ち足りてしまっていて、「永久初心者」というよりむしろ「終身名誉落伍者」とでも形容したほうが近く、その象徴が【口説き】のみMAXという醜態。
で、幸か不幸か、人間なかなかスタイルってのは変わらないんだよ。今もそんな感じだもの。
少しだけ変わったことといったら、
「日本の具足一式を造ってみたい」
「死ぬまでに一度でいいから江戸湾に浮かぶ夕陽を拝みたい」
そういう強い願望が、初めて勅命クエストとやらにまで突き動かし、あるいは【縫製】【鋳造】【工芸】のスキル練成という境地に導いた、ってな具合で。

GO!.png

僕も少しは成長したんだろうか。
ま、根本は「終身名誉落伍者」のままなんだろうな。



私の考えがここまで漂流してきた時に、ようやく、バザールの品物がひとつ売れた。

ワークブーツ

お客が買っていったのは、北米西岸の港町タコマの道具屋で売っている茶色のワークブーツ。
何のことはない、転売というやつである。
と言いつつも、利益はほとんどゼロに近い。
リスボンの酒場で、せいぜい生ハムとラム酒を頼める程度の儲けに過ぎない。
じゃあ何故そんな道楽めいたことをやっているのかと問われれば、答えは簡単だ。
このお客のように、単に数値上の強さを競い合うにとどまらない楽しみ方を、私自身も知っている。
遠くにあるオシャレの一欠片を、身近な広場の雑踏の中に見つけた時のほのかな歓びを知っている。
それを私は眺めていたいという、それだけのことである。

どうも、まいどあり!
(ダニエル・エドワーズはお客にお辞儀した)



go_home.png

さて、そろそろロンドンに帰ろう。
アンジェラに会いに行こう。

3アンジェラ0




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ダニエル・エドワーズ

Author:ダニエル・エドワーズ
ワールド:Astraios
国籍:イングランド
爵位:騎士爵
商会:英・東インド会社
職業:花の憧れ人

ロンドンの銀行の隣で、淹れたての熱いコーヒーを一杯12Dで販売しております。一杯ずつ豆から挽きたてますので、出来上がりまでにお時間をいただく場合がございます。(使用銘柄:ブルーマウンテンNo.1)





このWebサイトに掲載している『大航海時代 Online』の著作物は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

最新記事

カテゴリ

序文にかえて (1)
服飾のいろいろ (4)
人物名鑑 (2)
祭り (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。