FC2ブログ

2017-08

未知との遭遇 - 2017.08.29 Tue


よう‐かい【妖怪】人知では解明できない奇怪な現象または異様な物体。[広辞苑 第六版]




すこしずつ涼しくなってきた。
夏の終わり、というやつだろうか。

ひと月ばかり前にはあれほど殺人兵器のように感じられた夏の暑さも、ちょうどけさ北朝鮮から発射されたらしい中距離弾道ミサイルのごとく日本列島を通過していった。
とはいえ、またいつやって来るとも分からない。
武器兵器は階級移動の可能性をつねに孕むし、日本の9月は暑い。

晩夏の夕暮れ、遠くでヒグラシがものかなしげに鳴いている。
ひと夏のうちに過ぎ去った多くのものをひとつずつ思い浮かべては早くも懐かしむ。

夏の思い出1_セビオク強盗団

夏の思い出2_ダニエロめも喜んでおります

夏の思い出3_筆おろしbyリミさん

夏の思い出4_ゲリラ集合写真

夏の思い出5_「意識が戻った時には既に拷問官は去っていた」の図

そのほとんどはいずれ忘れられることを運命づけられた記憶だが、これだけはどうしても書き留めておきたいという出来事があり、こうやって久しぶりにブログを書いている。

あの事件のあらましを書き記すべきかどうか少しだけ悩んだ。
事件に接した当初はとても興味深くスクリーンショットもいくつか撮ったのだが、あとで畏れなのか何なのか、「未知と遭遇した体験を安易に広めてはいけないのでは」という考えが湧いてきたのだ。
でもこんなブログを読む人なんて限られているし、今さら口外したところで罰は当たらないだろう。


お盆のある夜中、リスボン広場を賑わせる珍奇な事件があった。
賑わせるといっても、単にそれは僕を含む幾人かの心がざわついたに過ぎなかったのかもしれない。

希望屋(E)>みんなー 変な人が化けて出てる!
希望屋(E)>広場だから

shoutにつられて広場へ向かうと......

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ダニエル・エドワーズ

Author:ダニエル・エドワーズ
ワールド:Astraios
国籍:イングランド
爵位:侯爵
商会:フライング・サーカス
職業:コーヒー屋

ロンドンにて、淹れたての熱いコーヒーを一杯12Dで販売しております。一杯ずつ豆から挽きたてますので、出来上がりまでにお時間をいただく場合がございます。(使用銘柄:ブルーマウンテンNo.1)





このWebサイトに掲載している『大航海時代 Online』の著作物は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

序文にかえて (1)
商会設立にあたって (1)
人物名鑑 (4)
服飾のいろいろ (6)
祭り (2)
未分類 (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント