書斎

2017-05

Eosナポリ「色の祭典」~青~ - 2016.10.30 Sun

待ちに待った色の祭典「Colors5~Black night~」
いよいよ今夜21:00Eos鯖ナポリ広場で開催ですね!

なお開催直前ですので、当記事は宣伝効果ゼロであります。

color1610.jpg
真刀さんのブログより拝借)


2016年はすでに4回行われた「Colors」
主催者の真刀さんは詩情あふれる方で、まずコンセプトから素晴らしい。

◆2月:   (⇒主催者レポ
◆4月:ピンク(⇒主催者レポ
◆6月:緑&黄(⇒主催者レポ
◆8月:   (⇒主催者レポ
◆10月:
◆12月:

といった具合に、それぞれ偶数月でテーマカラーが決まっていると。
それに基づいたドレスコードで一堂に会して、一番のお洒落さんを決めるんです。

あるいは、テーマカラーにちなんだバザールが広場にずらっと並ぶ。
これはちなんでりゃあいいということで連想ゲーム的な発想もアリ。
なるほど、それを並べるかという発見・意外性みたいなものが何ともいい味だったりします。

いずれも、衣装・料理などアイテムの豊富なDOLならではの企画ですね。

これに加えて、恒例の似顔絵コーナーも大人気。
特にブロガーの方々は私を描いてくれ、とこぞって抽選の列に並ぶのだとか。
当代一流の絵師方による素敵な似顔絵がプロフィールに飾ってあったら、ブログが映えますからね。

最後はお楽しみのミニゲーム
内容は毎回変わってるみたいで、前情報ナシで行ってみるとさらに楽しいかもしれません。



今回のテーマカラーは「黒」です。

ところで、DOLで黒革手袋を表現しようと思ったら、
オポルト、チュニス、アテネで売っている「グローブ」を黒で染める、
というのは手っ取り早いので定番ですね。文字どおり真っ黒な手袋です。

ただ、実際のDOLの衣装には「真っ黒」なものというのはほとんど無いんですよね。
シワや光沢などの表現のためか、若干グレーがかっている。
黒グローブと合わせたときのちぐはぐな感じがモヤモヤしてしまう神経質な人、私以外にもいると思います。

そこでお勧めしたいのが、現在開かれている公式のハロウィンイベント
こちらの物語をある程度進めると「魔法使いの手袋」が手に入ります。
これを黒グローブと比較してみましょう。

黒さの微妙な違い

ねっ、全然違うでしょう? 全然違うんです!
アイコンも何やら白いオーラを発していて、高級感があります。
手袋アイコン

どうでもいい人にはホントどうでもいいけど、こだわる人にはありがたいアイテムで私は重宝しています。
ごくごく一部の紳士淑女へ、コーディネートでお悩みの際に参考になれば幸いです。



つづきは、前回8月に開かれた青の「Colors」について。

私はちょうど8月に復帰したので、
「Colors4~Aquamarine cobalt blue~」が初めての参加でした。
復帰したばかりで、人とまともにチャットしたのは売り買いのやり取りぐらいだった自分にとって、
この日はとても刺激的だったことを憶えています。

で、そのことをちょっと振り返ってみようという次第なんですが、
参加者のブログの中ではこれが最も遅い記事になろうかと思います。

何せ2か月前ですからね、どんだけ怠惰なんだという話ですが、それには理由があります。
人間には長期記憶と短期記憶がありましてすぐ忘れてしまう短期記憶を忘れそうな頃にもう一度思い出させてあげることでその記憶は短期から長期に(以下略)



8月28日、Eosナポリ。

青服集合

この集合写真の前列に鎮座している場違いなワンちゃんは、
Colors終了後すぐ、無慈悲にも里子に出されてしまいました。

というのも、この時のバザールで青いコヨーテを新たにゲットしたためです。
まさに蒼き狼、ということで名前は「テムジン」。

青コヨーテ
(体躯の小さなペットと“eye to eye”したいとき、定期船内の階段は便利ですヨ)


じゃあ私はバザールで何を売っていたかというと、
全国津々浦々で集めた「制帽」と「制服」を12セットほど。

制服販売

そのときは【純情ナポリ物語・夏】という看板を出して、
たしか売り文句は「あの頃に帰ろう」だったかと思います。
案の定、笑ってくれるだけで誰も買ってくれませんでした^^


すっかり傷心していた私にとって、ベスト・コーディネートの発表はまさに福音でした。

 真刀>今回青衣装コーデで、これはステキだ!と選ばれた皆様のお名前を発表しますー
 真刀>デニムシャツが渋い!そして敷物も青 とのコメントを頂きました
 真刀>ダニエル・エドワーズさん!
 ダニエル・エドワーズ(A)>エッ、うそっ!? やだやだ、どうしよーっ!!!
 真刀>wwwwwwwwwwwwwwwwwww
 Arisa>なんでおねぇw
 オウミ>おねえなのか・・・W

皆さんからは誤解を招いてしまったようです。


この日に私が着ていたのは、
青のシャツ&デニム+初期装備ライディンググローブ+店売りソンブレロ&レースアップブーツ。
設定は「父を騙し討ちした悪徳保安官を探して各地を放浪する西部の若き義賊」です。

シャツ&デニム

「青ならでは」みたいなものではなく、他の色のシャツ&デニムと取り換えても通用します。
「ベルトの色に合わせる」というファッションにおける基本の“キ”を実践してみただけで、
全参加者の中で最もコストが掛かっていないコーディネートだったことでしょう。
なんだか申し訳ない気さえしてしまいます。

豪華な景品と引き換えに、主催者の真刀さんには売れ残った制服を差し上げました。
さぞ駆け出しの頃の甘酸っぱい記憶を思い出されたことだろうと思います。


ちなみに私は得票数2位で、1位はmerrybell.さんという方でした。
おっ、同じA鯖イングランドの方か、とこの時は知らなかったのですが、
何を隠そう、世界的アイドルrabbi.さんの隠し子ちゃんでした!
芸能界の一大スキャンダルであります。

コーデ準優勝

左の方で一緒に踊っている、羽付ボネ+クレタのパンタロニアの涼しげなお嬢さんがmerrybell.さん。
猛暑を想定して装備してきたという背中の「伏龍の羽扇」もいいですね。
策に窮したら、英・東インド会社の軍師merrybell.殿を頼ろうかと思います。



この後はミニゲームの飲み比べのため、皆でぞろぞろと酒場へ移動。
これが意外にも、滅茶苦茶おもしろかった!

乾杯乾杯乾杯

プレイヤー同士で乾杯できる機能があったとは知りませんでした。(※酒場限定)
酒場マスターのところでいくらか飲んで、「気分がよくなってきました」と出たら準備OK。
「気分がよくなって」いる人同士で入り乱れて乾杯し合って、先に酔い潰れた人から抜けていきます。
集中砲火もアリ、隅っこで傍観していてもアリ、とにかく最後まで残れ! というなかなかのカオス。

3回戦までやって勝ち残ったのはYOUONEさん、Arisaさん、
そしてなんと私、ダニエル・エドワーズ。
3人の勝者による頂上決戦が行われます。

静かなる三つ巴

さきほどのカオスとは打って変わって、場は静謐で厳かな雰囲気に包まれていました。
一方、観客席からは……

 Mirri(A)>さあさあ、誰が一番になるか、はったはった~!w
 カンツォーネ(A)>アリサちゃんに このを賭けよう!!
 相模原椿(A)>ゆわんさんに100まんどら
 Hisagi>Arisaさんに青魚1年分
 Ridley.(A)>ダニエルおねぇに、100魚肉
 マツリ(A)>ダニエルさんに10$
 Rogi(A)>アリサさんにコオロギ100匹
 オウミ>おなじくゆわんさんに120マンドラ

ヤジが飛び交う中、みごと頂上決戦を制したのは……

三つ巴の覇者

Arisaさんでした!
初代酒豪チャンピオンは女性の方です!
カンツォーネさんの首が繋がりましたね。


 Hisagi>西部の男は酒に弱かったようだ

……精進します。



いつの時代も酒場が賑わっているってのはいいことですね。
賑わっていりゃあ、とにかく何でもいいんです。
たとえ詐欺師の餌食として群がっているだけだったとしても。

身なりのいい詐欺師

産業革命都市やサンフランシスコ、ボストンなどの雰囲気はいいのに人が居ない酒場。
ああいった場所を繁盛させるきっかけを、私も少しずつ考えていこうかと思います。


それではまた後ほど、「Colors5~Black night~」でお逢いしましょう。




スポンサーサイト

● COMMENT ●

おじゃまします|ω・*)ノ

Colorsは本当に素敵なコンセプトのお祭りですよね♪

まさかColors4で一緒に受賞したダニエルさんが商会に来てくださることになるとはー…(*´∀`*).。o○
あそこでお会いできたのも運命だったのかもですね★(ェ

Colors5も参加したかったですが私用で行けず…(´;ω;`)ウッ
ダニエルさんのレポートも楽しみにしてますねっ(★∀★)b

>ラビさーん!

まさかColors4で一緒に受賞したラビさんの商会に入れることになるとはー…ヽ(´∇`)ノ
あそこでお会いできたのも運命だったのかもですね……って、あっ!!! 
文章が被ってしまいました><
これももしかして、運命??

太陽がEosナポリに姿を見せなかったので、参加者一同、黒い服を着て陰に沈んでおりました……
まるでお葬式のようでしたよ;;


管理者にだけ表示を許可する

年始の辞、およびブログを書くことについて «  | BLOG TOP |  » 伝説の呉服屋

プロフィール

ダニエル・エドワーズ

Author:ダニエル・エドワーズ
ワールド:Astraios
国籍:イングランド
爵位:騎士爵
商会:英・東インド会社
職業:花の憧れ人

ロンドンの銀行の隣で、淹れたての熱いコーヒーを一杯12Dで販売しております。一杯ずつ豆から挽きたてますので、出来上がりまでにお時間をいただく場合がございます。(使用銘柄:ブルーマウンテンNo.1)





このWebサイトに掲載している『大航海時代 Online』の著作物は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

最新記事

カテゴリ

序文にかえて (1)
服飾のいろいろ (4)
人物名鑑 (2)
祭り (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム